Pulp Injection Molding

パルプインジェクションモールディング
PIM

デザインとしての造形と製品保持性やスタッキング性といった機能面の繊細な形状再現を両立できるユニークな成形工法です。
環境配慮の視点では他のパルプを用いた製品と同様、CO2排出量削減や循環型社会に貢献するともに、生分解性や水への溶解性のようなPIM独自の材料特性を活かした新たな用途や廃棄方法から社会問題の解決に取り組みます。

<5つの特長>

静電気の抑制:帯電を防ぐほかホコリを寄せ付けにくくする効果が望めます

軽量:比重が軽く輸送時の省エネルギーに貢献します

耐熱性:汎用プラスチックに比べて熱による変形がおこりにくいです

高い水溶解性:短時間で水に溶けることを活かした廃棄方法が考えられます

高い寸法精度:医薬品・化粧品など取扱いに注意を要する内容物であっても細かな造形で固定することにより揺れ動きを軽減します

<3つの環境性>

生分解性:微生物により約半年で分解され、自然に還ります

分別を必要とせず燃焼ごみと同様に取り扱うことができる素材を使用しています
* 実際の廃棄方法は各自治体のごみ分別ルールをご確認ください

一般的なプラスチックと比べ、製品のライフサイクルを通じて大幅にCO2の発生を抑えます

スペックについて

産業用プラスチックと同等の強度を有しています

- 上記の値は参考値であり、保証値ではありません。
-* テスト規格に関して測定物の滑りを防止するために、引張測定時の引張速度(60㎜/s → 10㎜/s) と固定方法を変更しています

樹脂成形品と同等の高い寸法精度

緻密なボスリブ構造による高い耐衝撃性

生分解性ついて

独自の生分解性テストを実施した結果、半年後には成形品の90%以上が分解され土に還ることが分かりました。

Contact

製品については、下記フォームよりお問い合わせください。