FPM
ファイバーパルプ モールド

高級感が感じられる
美しい外観

パルプと水を原料とした熱プレス成形工法です。 表面のきめ細かい高級な質感を最大の特長としており、パッケージの中で使われるトレイとしてだけでなく美粧性が求められる外箱にも適しています。
(素材は竹とバガス(さとうきび)を主に使用しています。その他パピルス、小麦、古紙なども使用可能です。)


想定用途 梱包用資材・パッケージとして
・良質な紙のような見た目と触り心地のトレーや外箱
・外箱、内箱のような組み合わせで紙器やプリスター
・ケースの代替としての使用が可能

搬送用資材として
・滑りの良さや平滑な面が必要となるトレー
実績 電化製品・化粧品・日用品
対応寸法(mm) 960 × 800 × 80 標準厚み(mm) 0.7 ~ 1.5
最小R(mm) 1.0 ~ 2.0 想定企画台数(pcs) 200,000 〜
特長

滑らかできめ細やかな高級感のある外観が最大の特長の成形品です。着色・刻印が可能で自由な外観表現を行うことができ、薄く成形することもできますので、さまざまな製品との相性が良い素材です。

生分解性

独自の生分解性テストを実施した結果、半年後には成形品の90%以上が分解され土に還ることが分かりました。
仮に自然界に流出しても、環境を汚染するリスクを軽減します。

Contact

製品については、下記フォームよりお問い合わせください。