PIM®
パルプインジェクションモールディング

高強度かつ
高精度な成形が可能

デザインとしての造形と製品保持性やスタッキング性といった機能面の繊細な形状再現を両立できるユニークな成形工法です。
環境配慮の視点では他のパルプを用いた製品と同様、CO2排出量削減や循環型社会に貢献するとともに、生分解性や水への溶解性のようなPIM独自の材料特性を活かした新たな用途や廃棄方法から社会問題の解決に取り組みます。

※PIM®は大宝工業株式会社の登録商標です


想定用途 梱包用資材・パッケージとして
・内容物の形状にぴったり合う精度の高さ
・輸送中の衝撃などに対しても内容物を保護する強度
・省スペースに貢献する薄い肉厚

製品の部品として
・プラスチックと同等の強度を求められるもの
・自然界での生分解が求められる部品
実績 医薬品(投薬デバイス、アンプル用トレイ)・化粧品・日用品・農業関連
対応寸法(mm) 300 × 300 × 50 標準厚み(mm) 0.6 〜 1.0
最小R(mm) 0.5 想定企画台数(pcs) 200,000 〜
特長

パルプ・デンプン・水を原料とした特殊な射出成形工法です。 紙器や他のパルプ成形では難しい細かな形状や複雑な構造の再現を得意としています。厚みは1mm前後と薄いにも関わらず、硬い質感であるため、和紙のような風合いと紙にはない剛性を持ち合わせたユニークな製品です。
PIMの最大の特長は薄い肉厚ながらも高強度で、プラスチック成形に匹敵する高精度な成形性を持つ点です。和紙のような独特の風合いからサステナブルなパルプ成形品であることを印象付けられます。

生分解性

独自の生分解性テストを実施した結果、半年後には成形品の90%以上が分解され土に還ることが分かりました。
仮に自然界に流出しても、環境を汚染するリスクを軽減します。

スペックについて

PIMは樹脂成形品と同等の高い寸法精度と、緻密なボスリブ構造による高い耐衝撃性を兼ね備えた工法です。
産業用プラスチックと同等の強度を有しています。

- 上記の値は参考値であり、保証値ではありません。
* テスト規格に関して測定物の滑りを防止するために、引張測定時の引張速度(60㎜/s → 10㎜/s) と固定方法を変更しています。

Contact

製品については、下記フォームよりお問い合わせください。